LivingMessage

Osamu Matsuda

Profile Works Statements Contact Link JP | EN

Biography

2009年、東京芸術大学大学院美術研究科を修了。以後、映像や立体、ドローイングなどさまざまなメディアを用いた表現方法で、社会に潜む問題や現象、風俗をモチーフにして「生」や「死」といった普遍的なテーマに取り組んできた。他にも、ひきこもりやニートといった、ときに世間から否定的な眼差しを向けられる存在や、ゲームの中での戦いや死、繰り返し再生されるヴァーチャルな世界での生命観などが、松田の作品の重要なテーマとなっている。
近年の活動では、自身の生い立ちや社会問題をコンセプチュアルに作品へ落とし込み、ユーモラスかつ生命力溢れた態度を示した2015年の個展「何も深刻じゃない」がある。また、2017年の個展「みんなほんとはわかってる」では、人がつい参照してしまいがちな、過去に作られたイデオロギーや価値観等から逃れることを、アイロニーを交えて提案した。 展覧会以外の活動としては、DVD作「ガタピシ!」のリリースや劇団ミナモザの劇中オープニングムービー制作、バロセロナで催された The Influencers festival 2014への映像提供などがある。

 

CV

1979 生まれ
東京都在住
2009 東京藝術大学 大学院美術研究科 修了
2007 東京藝術大学 絵画科油画専攻 卒業


個展
2017 「みんなほんとはわかってる」 無人島プロダクション、東京
2015 「何も深刻じゃない」 Garter、東京
2014 「亡者の行進」 アートスペースゼロワン、大阪
   「パラダイスロスト・パラダイス(パラパラ)」 無人島プロダクション、東京
2012 「ニコイチ!」 無人島プロダクション 、東京
2009 「オオカミ、少年、ビデオ」 無人島プロダクション、東京


主なグループ展
2017 「第3回牛窓・亜細亜芸術交流祭」 瀬戸内市尻海地区各所、岡山
2016 「front and end」 TRANS ARTS TOKYO、東京     
   「EDITIONS++」 無人島プロダクション、東京     
   「さめた体温」 LOOP HOLE、東京
2014 「無人島∞」 無人島プロダクション、東京
2013 「ショコラ・デ・府中 -進撃の府人-」 LOOP HOLE、東京
   「The Zoo Story」 Sonnentor Art Space、台北、台湾
2012 「どくろ興業」 TRANS ART TOKYO、東京
   「F.E.S」 3331 Arts Chiyoda、東京
2010 「移動~無人島in高円寺での最初で最後のグループ展~」 無人島プロダクション、東京
2008 「松田と栗原と森元」 Otto Minzhem Gallery、東京


イベント
2014 「The Influencers 2014」スペイン、バルセロナ
   「罵倒遊戯」ブランクラス、東京
2011 劇団ミナモザ 「エモーショナルレイバー」シアタートラム、東京(オープニングムービー制作)
DVD
2011 「ガタピシ!」

 

Copyright ©Osamu Matsuda All Rights Reserved.